wordpressをローカルに移行するときのphpmyadminエクスポート~インポートのメモ

admin

なぜか、ローカル環境のphpmyadminでインポートするときにエラーが多発していたり、インポートしても一部、もしくはすべてのデータが読み込まれなかったりしたので、エクスポート時の流れを雑にまとめてみました。

ちなみにこの記事は、

  • windowsユーザー
  • XAMPP

という状況下で書いています。

サーバーのphpmyadminにアクセスして、「エクスポート」

いろいろなサイトを参考にしてデータベース移行を行ってきましたが、「生成オプション」の項目以外はほぼ同じでした。
wordpressをローカル環境に移行するだけなら、「生成オプション」以外、余程のことがなければ気にしなくて良さそうです。

チェックボックス選択項目としては以下のとおりです。

phpmyadmin

「生成オプション > 追加コマンド:」

  • DROP TABLE / VIEW / PROCEDURE / FUNCTION / EVENT コマンドを追加する
  • CREATE PROCEDURE / FUNCTION EVENT コマンドを追加する
  • CREATE TABLE オプション
    • IF NOT EXISTS
    • AUTO INCREMENT

のみ、チェックを外した状態です。そのまま「実行」

ローカル環境にwordpress、wordpressデータベースをインポート

wordpressディレクトリをまるまるFTPからダウンロードして下さい。
そのまま、「xampp設置ディレクトリ > htdocs」に保存。

この時点で「http://localhost/wordpressディレクトリ名」でアクセスだけはできます。

XAMPP設定とかについては、他の記事を参照してください。いろいろ解りやすい記事があるので…

アドレスバーにlocalhostと入力し、xamppホーム画面にアクセスします。
サイドメニューから、phpmyadminにジャンプしてください。

その先のパスワードに関しては、「XAMPPフォルダ > security > mysqlpassword.txt」に書いてあります

ここで注意点としては、必ず、インポート用のデータベースを作ること。
判りやすい名前で作成しましょう。

XAMPP phpmyadmin

データベースを作った後は、そのデータベースを選択した状態で、上部のメニューから「インポート」。
無事終了したら、下記の作業に移っていきます。

phpmyadminでローカル用のURLに設定

データベースのインポートが終わると、上部のメニューに「構造」が追加されると思います。
そこをクリックすると、ズラッとテーブルが作成されていると思いますが、その中の「wp_options」(wp【数字】の場合もある)をクリックしてください。

下記の項目の値を変更します。

XAMPP phpmyadminにwordpressのデータベースをインポートした後

wp_options > siteurl

XAMPP phpmyadminにwordpressのデータベースをインポートした後

wp_options > home

両方共、「http://localhost/wordpressディレクトリ名」に変更します。

wp-config.phpの編集

wordpressディレクトリ内の最上層の「wp-config.php」を開きます。すると22行目ぐらいに

// ** MySQL 設定 - こちらの情報はホスティング先から入手してください。 ** //  /** WordPress のデータベース名 */  define('DB_NAME', '★さっき作ったやつ★');    /** MySQL のユーザー名 */  define('DB_USER', '★xampp\security\mysqlpassword.txtを見ると書いてある★');    /** MySQL のパスワード */  define('DB_PASSWORD', '★xampp\security\mysqlpassword.txtを見ると書いてある★');    /** MySQL のホスト名 (ほとんどの場合変更する必要はありません。) */  define('DB_HOST', '★localhost★');    /** データベーステーブルのキャラクターセット (ほとんどの場合変更する必要はありません。) */  define('DB_CHARSET', 'utf8');    /** データベースの照合順序 (ほとんどの場合変更する必要はありません。) */  define('DB_COLLATE', '');

こんな記述があります。変更箇所は、ご自身の状況と照らしあわせてみてください。★は入れないでください

変更後、保存して、もう一度「http://localshot/wordpressディレクトリ名」にアクセスします。
すると、オンライン上のURLでアクセスした時と同じように、ログイン画面が表示されるかと思います。結構緊張!

以上です。今回の参考記事は、主にコチラ
サーバで管理していたWordPressをローカル環境に移行する方法 | OXY NOTES

でわ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする