生成AIが凄すぎる!もうアニメもAIで作成できる時代になった?

近年、AIサービスの進化は驚異的なもので、その応用範囲はますます広がっています。特に生成AIの進歩は目覚ましく、テキストや画像、音声など、さまざまなデータを元に新しいものを生成する能力が向上しています。近年は、アニメ制作においても生成AIが一役買うようになってきました。本記事では、生成AIがアニメの制作にどのように関与しているのか、その進展と可能性に迫ります。

アニメ制作で使われる生成AIツール

多くの種類がある生成AIツール。中でも最近はイラストや3Dモデルの生成ができるツールが増えており、多くのクリエイターに活用されています。

  • AnimeGenius
  • Live3D AI
  • Soulgen
  • GetImg
  • Fotor
  • Zmo
  • WaifuLab
  • GeneratorMix
  • MakeGirlMoe
  • Pisco

など

何ができる?生成AIの進化とアニメ制作

生成AIは、ディープラーニングという技術をベースにしており、大量のデータから学習して新しいデータを生成することが可能です。そのため、アニメ制作においても、キャラクターデザイン、背景描写、シナリオ構築など、さまざまな局面で活用されています。

キャラクターデザイン

キャラクターデザインはアニメにおいて重要な要素であり、これまでに多くのイラストレーターやデザイナーが手がけてきました。生成AIを使用することで、膨大な数のデザインパターンを学習し、それをもとに新しいキャラクターを生み出すことが可能になります。これにより、短時間で多様なキャラクターを生成することができ、アニメ制作の効率向上が期待されています。

背景描写

アニメの背景描写も、生成AIの恩恵を受けています。生成AIは大量の画像データを学習し、それをもとにリアルで美しい背景を生成することができます。これにより、制作スタッフはより細やかな表現力を持つ背景を手軽に作成でき、アニメ作品のクオリティ向上が期待されます。

シナリオ構築

生成AIは大量の文書データから学習し、自動的に文章を生成することが得意です。この特性を活かして、アニメのシナリオ構築にも生成AIが活用されていくでしょう。自動生成されたシナリオは、人間が手がけるものとは異なる独自のアプローチを見せ、新しいアイディアの発見につながることがあります。

生成AIによるアニメがNetflixで公開

2023年2月、画像生成AIで制作されたアニメ作品『犬と少年』がNetflixで公開されました。視聴者からは「背景をAIが描いてるのに違和感がない」「アニメーターにとって脅威のアニメだ」といった感想が寄せられています。生成AIを使ったアニメ制作はまだ発展途上ですが、今後ますます活用されていくことが予想されます。

まとめ

生成AI技術の進化により、アニメ制作でも新たな展開が生まれています。生成AIがキャラクターデザインや背景描写、シナリオ構築などに関与することで、効率やクオリティの向上が期待されます。生成AIの作ったアニメがどのように受け入れられるかは未知数ですが、アニメの未来に影響を与えることは確かです。ますます進化するAI技術とアニメーションの共演から目が離せません。

投稿者 satohmsys