「PSVR2」ヘッドセットのデザイン公開!PSVRとの違いとは

最近巷で騒がれている、VRゲームやメタバース、NFT。バーチャルな世界がより私たちの身近になってきていますね。そんな中、2022年1月5日にソニー・インタラクティブエンタテインメントよりPlayStation 5 向けの新型VRヘッドセット『PlayStation VR2(PSVR2)』が正式に発表されました。この記事では、PSVR2のスペックやPSVRとの違いを紹介していきます。

PSVRとは

初代のPSVRは、2016年10月にリリースされました。PlayStation4に接続して使うゴーグルタイプで、スマホVRや一体型VRに比べると、PC用VRのようなハイエンドVRに位置づけられるデバイスとして販売。その後続機種が2017年10月に発売され、現在までに『CUH-ZVR1』と『CUH-ZVR2』の2つのモデルが存在しています。

PSVR2の特徴

接続はUSB1本で

PSVR2は、USB Type-CケーブルとPS5本体と繋げるだけで手軽に遊ぶことができるようになりました!初代のPSVRでは、ユニット、電源、HDMIなど複雑な配線での接続が必要だったころを考えると随分簡単になりました。

フォービエイテッド・レンダリング採用

フォービエイテッド・レンダリングとは、見ている人の視野が中心に近ければ近いほど高解像度に、遠ければ遠いほど低解像度にすることで、効率よくきれいな映像を描画する手法です。遠い部分が低解像度で描画してあっても、見ているユーザーにはほぼ支障がなく、気づかないレベルになります。PSVR2では、このフォービエイテッド・レンダリングを採用したことにより、グラフィック描画能力を高めています。

さらに、美しい映像表現が期待できるシステムとして、4K HDRディスプレイ、110度の視野角、90/120Hzのリフレッシュレート、有機ELディスプレイが採用されています。これはかなり期待できますね。

PSVRでは約100度だった視野角が、PSVR2の方が広がっており、また解像度も2倍近く広がっています。

インサイドアウト方式

PSVR2のトラッキングは、インサイドアウト方式を採用。インサイドアウト方式とは、カメラで周りを分析し、位置を測定する方式で、PSVR2に搭載されたカメラを使い、プレイヤーの動きや向いている方向をゲーム内に反映することができます。

PSVRでは、「PS Camera」を別途設置する必要がありましたが、PSVR2ではデバイス単独でのトラッキングが可能になりました。これによりカメラとプレイヤーの間の適切な空間というものも必要なくなります。PSVRのようにカメラと自分の間に「遮るものがない状態で一定の距離を取ったセッティング」をしなくても良くなるので、周りにぶつからない空間があれば多少狭くてもVRを楽しめるようになりました。

アイトラッキングの採用

アイトラッキングとは、人間の目の動きを感知する機能です。これにより、例えばシューティングゲームで視線を使って照準をあわせることや、アドベンチャーゲームにおいては注目するだけで情報を出したりすることができます。また、オンラインで自分のアバターの視線を動かしたり、まばたきやウィンクを表現したりすることも可能になります。

振動フィードバックを搭載

PSVR2には、装着するヘッドセットに振動フィードバック機能が採用されました。コントローラーの振動を頭部で感じることができる、と言えばわかりやすいでしょうか?例えば、近くを通過するモノの衝撃やキャラクターの心音や脈拍、スピード感などヘッドセットに内蔵されたモーターの振動によって受ける感覚やショック、そして恐怖なども増幅され、よりリアルに感じることができます。

フィンガータッチ機能を採用

PSVR2の注目の新機能として、【フィンガータッチ機能】があります。親指、人差し指、中指が触れる3か所に、ボタンを押すのではなく触れるだけで指を検知する機能がついています。これにより、机の上の物を取ったり、ドアノブを握るような動作がそのまま自然にできるようになりました。コントローラーはVRの世界でプレイヤーの手になるのです。機能性を維持しつつ、臨場感を感じれるスペックを手に入れることができたのです。

PSVR2の発売日と価格

ここまでPSVR2の特徴について書いてきましたが、こうなると気になってくるのが発売日と価格!ですが、残念ながらどちらも現在のところ発表されていません。現在、世界的に半導体不足が続いており、PS5の入手も困難な状況になっているだけにPSVR2への影響も大きいと言われています。PSVR2は、PS5とのセットで使用できるものだけに、PS5の生産数が上がらないとヘッドセットの販売には踏み切れないのではというのが、濃厚な見解となっています。

ネット上での予測としては、2023年第一期から第二期に発売という予測が多く見られましたが、PS5の販売数次第で2024年ということも有り得るかもしれませんね。

価格に関しては、PSVRが発売当初3万円台だったことから、予測としては3~4万円台と言われています。

最後に

実際に入手して見ないとPSVRで見られた問題点などがどのようにクリアされているのかは分かりませんし、新しい感動がどのくらい詰まっているかもわかりません。でも、このスペックを見る限り、かなり期待できるのではないかと思います。発売日や価格など、今後の発表が待ち遠しいですね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする