ワンカラに一人カラオケしに行ってみた(2014/12/25追記)

こんにちは。

昨日、はじめて「ワンカラ」に行ってきました。
ひとりでカラオケに行くことに抵抗がある方は少なくないでしょう(ちなみに自分は全く抵抗ありません)

そういう方にとっては未知の領域だと思うので、レポートしてみます。

ワンカラとは

ひとりカラオケ専門店「ワンカラ」 多様化する個人の趣向に対応した、お客様一名で気軽に立ち寄れる日本初の一人カラオケ専門のカラオケ店です。
こちらは、お客様のニーズに応えたものとなっており、今後は都市型店舗として多店舗化していく予定です。

らしいです。
ちなみに店舗は、渋谷、池袋、秋葉原、そして四谷三丁目、神田にまで、なんともサクっといけてしまうところにあるのです。

  • 2014年12月25日追記:10ヶ月前と比べ店舗数が増えています。

料金システム

月~金 土日祝 3時間パック月~金 女性パック フリータイム モーニングフリータイム
料金 400円(30分) 450円(30分) 通常PIT1,500円 通常PIT1,500円 1,400円(22:00~翌日9:00) 1,800円(6:00~12:00)週末限定
楽器PIT1,800円 楽器PIT1,500円
ファーストクラスPIT2,100円 ファーストクラスPIT1,800円

いかがでしょうか。女性はお得ですね

おそらく店舗により若干異なりますので詳しくは公式サイトを御覧ください。

ワンカラ|一人カラオケ専門店

潜入

初回の方は入会金として200円、退出時に支払います
あとはカードを作る流れなど、一般的なカラオケ店と大差ないでしょう

そしてついに部屋(PIT)に案内されます。

近未来的なドアを開け、通路を振り返ってみるとこんな感じ

ワンカラ 渋谷 通路

どこやねん、と。

それでは個室(PIT)に入ります。
ちなみに女性は専用の部屋が集まったセクション(セクションという表現がピッタリ…)に案内されます。

ワンカラ個室(PIT)の内装

正面。NESMITH君が映っています

渋谷 ワンカラ 内装

鏡もあり。

渋谷 ワンカラ 内装

コンデンサーマイクも

渋谷 ワンカラ 内装

ミキサーもあります。

渋谷 ワンカラ 内装

ちょっと伝わりづらいですが、かなり狭いです
しかし、カラオケに必要な物が凝縮されているため、不自由は一切感じない、秀逸な空間設計。

「誰にも邪魔されない」安心感を、このホワイトを貴重とした明るい室内が、もたらします。

機種もLIVE DAM、JOOYSOUNDの最新のものを搭載しており、だいぶマイナーな曲でなければ大抵歌えるかな、と。
ちなみに自分は、この日イチバン歌いたいと思った曲がありませんでした

楽しい時間は矢のように過ぎ、退出10分前になると、残り時間の表示が出て、「早く帰れ感」が激しいのでサラっと諦めれてしまう点も魅力

渋谷 ワンカラ 内装

渋谷 ワンカラ 内装

最後に

店内は完全にプライベートな空間で非常に落ち着けます
内装もキレイだし、ドリンクバーも充実しているのでカラオケ好きはぜひ一度足を運んで頂きたいです。

歌うだけでなく録音や、楽器の演奏も出来ますので…詳細は公式サイトに記載されています。
ワンカラ|ひとりカラオケ専門店

今後、サービス解説のコンテンツが充実していく模様なので、より使いやすく、より「ワンカラ」が身近なサービスとなっていくことでしょう。

では。

Share

  • Add this entry to Hatena Bookmark

Follow Me