sublimetextでサイドメニューが真っ黒になったバグ→即刻対処

sublimetextでサイドメニューが真っ黒になったバグ→即刻対処

4倍使いやすくなる!おすすめSublimetextパッケージ(アドオン)!」という記事で紹介したSubilmeTextテーマで「flatland」というものがあるのですが、サイドメニューにプロジェクト用のフォルダを追加した時に、アイコンがフラットに、なってなんとなくクール!というものでした。

アップデート前のSublimeTextからするとこれは革新的な変化なのですね。
ただ先日SublimeTextのアップデートがあって、おそらくそのタイミングでサイドメニューのアイコンが縁取りのデザインになり、圧倒的にコンパクトでカジュアルになったので、正直、上記の操作は僕の中で不要となったわけです。

で、元に戻そうと、変更箇所である「基本設定(Preferense)」>「Setting – User」>「Preferenses.sublime-settings」の記述を全削除したのですが、コレが大失敗。

{      // テーマ      "theme": "Flatland Dark.sublime-theme",         // カラースキーム      "color_scheme": "Packages/Theme - Flatland/Flatland Dark.tmTheme",         // エディタのタブを四角にする      "flatland_square_tabs": true,         // その他の設定…  }

↑これが書いてあるファイル内の記述を全削除

サイドカラムが真っ黒になるわ、開いているファイルのタブの文字が分身しまくるわで大惨事です。

参照元:SublimeText2がぶっ壊れたと思ったら 〜2013年夏〜 | Sou-Lablog

そこで以下の対処をしました。

ignored_packagesの記述を確認!→該当パッケージを削除

「Preferenses.sublime-settings」内に「ignored_packages」という記述がありました。

こちらはPackage Controlの更新で一旦使用停止としているパッケージのリストなのですが、これが何らかの影響でそのまま適用された状態で動作してしまい、表示崩れに至ったとのことです。

というわけで、今回は「vintage」というテーマが該当していたので削除しました。これで解決しましたーー!

アンインストール⇔インストールを繰り返しても意味がなかったので、本当に助かりました。
ちなみに参考にした記事はこちら。見事にFlatlandが邪魔していたケースです。
(勝手ながらキャプチャも引用させていただきました。)

SublimeText2がぶっ壊れたと思ったら 〜2013年夏〜 | Sou-Lablog

ちょっと違うケースにおいてはこちら

SublimeText「どうせvimちゃんとすぐよりを戻すんでしょ!もうサイドバー見せてあげない!」 – 日頃の行い

でわ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする