wordpress用サイトマップページを作る「WP Sitemap Page」

wordpress用サイトマップページを作る「WP Sitemap Page」

Google検索結果インデックス用のサイトマップではなくて、視覚的に確認するためのサイトマップの方です。
前者なら「XML Google Sitemap」というプラグインをインストールしカチカチっとやって、アレするだけなのですがモチロン大切なことなので絶対やっておいてくださいね!
Google XML Sitemapsプラグイン(XMLサイトマップの自動更新) – WordPressプラグインの一覧

後者の機能を実装するには「PS Auto Sitemap」が有名ですが、なぜかショートコードを埋め込んでも動作しなかったので
それらしいものを探してみました。すると、すぐに見つかりましたよ。

wordpress用サイトマップページを作る「WP Sitemap Page」

WP Sitemap Page

こちらからダウンロードしてプラグインフォルダにブチ込むか、ダッシュボードより検索してください。

インストールすると、「設定」のメニューに「WP Sitemap Page」というリンクが現れます。

クリックするとプラグイン設定画面にジャンプします。

How to display the posts」HTML出力の方式を自由に調節して、「Exclude Custom Post Type」で、出力したくない項目はチェックマークを外します。

  • Page…固定ページ
  • Post…投稿
  • Archive…月別アーカイブページのリンク
  • Author…投稿者アーカイブページへのリンク

あとは画面右側にありますが[ wp_sitemap_page ](実際には両端のスペースは不要)のタグを埋めたページにサイトマップが作成されます!

実例→ツーブロッカ サイトマップ

見出しはh2で出力されるようですね。

サイトマップページを作ることのメリット

「サイトのコンテンツをクローラーがクロールしやすくなる」というのがよく言われていることですね。でもXMLサイトマップを送信しているのなら、その役目はそっちが負っていますよね。

なのでユーザーがそこに到達することで目的を達成しやすくなることがメリットとしてあげられるかと思います。
当サイトのようなブログではそのメリットは薄いと思いますが、企業サイトなどでは大切な情報(問い合わせとかリクルートページとか)が万が一ユーザーに伝わらなかった時のことを考えると、あったほうがいいですね。

でわ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする