2022年おすすめトレード アプリ

テレワークやリモートが増えてきた中で、家にいるスキマ時間を活用して収入アップやスキルアップの為に副業を始める方が増えています。

副業と言っても色々な種類がありますが、資産運用で海外FXを始めた方も多いのではないでしょうか?まだ始めていないけど海外FXに興味がある方や気になっている方のために2022年おすすめのトレード アプリをご紹介しましょう。

海外FXトレードができるスマホアプリ

海外FXトレードができるスマホアプリは大きく分けて3種類あります。

  • 海外FX会社独自のスマホアプリ
  • 一部の海外FX会社で利用可能な cTrader
  • 海外FXの事実上標準ツール MT4・MT5

トレード アプリの注意点やメリット・デメリット

パソコン版と違い、スマホのアプリではカスタムインジケーターのインストールや自動での売買ができないものが多いので、スマホアプリではその都度自分の投資判断で売買を行うことになります。簡単に言うと基本システムトレードができず、裁量取引がメインになります。しかしながら、操作性と機能性はパソコン同様なのでスマホだけでも海外FXのトレードが可能です。

スマホでの画面サイズや画面操作、仕様スペックなどを考えながら、トレードアプリの見やすさや使いやすさ、スムーズに動くかも重要になってきます。会社によっては複数のスマホアプリで利用できるケースがあります。それぞれのアプリによって適用のキャンペーンや取引条件が異なりますので、必ず確認しておきましょう。

トレード アプリのメリット

1.スマホとパソコンを1台持っているなら充分に取引可能!

スペックの高いパソコンを何台も必要とせず、取引ができます。

2.時間や場所に縛られることなくレートなどの確認ができる

スマホアプリだと在宅時間だけでなく、通勤や移動の時間や外出先でもスキマ時間にチェックできます。トレードの際も場所を選ばないので、狙っていたレートになってもチャンスを逃がしません。

3.操作が簡単!

中でもMT4のスマホアプリは操作が簡単なので機械系に弱い人でもすぐに操作を覚えることができ、トレードがスムーズに行えます。

トレード アプリのデメリット

1.自動売買の設定が必要

スマホアプリを使用する際は、最初にパソコンを使ってMT4にEAを設置し、自動売買ができる環境を整える必要があります。この点は、スマホだけでは厳しいですね。

2.チャートが確認しづらい

スマホ画面の大きさにもよりますが、数週間分や数ヶ月分のチャートとなると見づらいです。これはやっぱりパソコンの方が見やすいですね。

3.熱くなりすぎてしまう可能性がある

いつでもどこでも場所や時間に縛られないのはメリットでもありますが、逆にデメリットになってしまう可能性も秘めています。のめり込みすぎないよう注意が必要です。

海外FXを選ぶポイント

海外FXを選ぶ上で重要になってくるポイントは次の通りです。

  • 信頼性
  • 安全性
  • スプレッド
  • 取引コストの安さ
  • ボーナス
  • 日本語サポートの有無

このポイントを踏まえた上で、おすすめしたいトレードアプリはMT4・MT5対応で、会社独自のスマホアプリもある海外FXの1番人気とも言えるXM Trading(エックスエムトレーディング)です。

【おすすめ】XM Trading(エックスエムトレーディング)

XM Tradingは2009年の設立以降、日本人から支持され続けており、現在では海外FXの代名詞と言っても過言ではない会社になっています。

XMのスマホアプリの特徴

  • インジケーターが豊富でテクニカル分析ツールが充実!
  • 入金、取引、出金などすべてアプリで完結できる
  • 画面の縦横の切り替えや拡大も縮小も簡単!

XMアプリは、現在MT5で口座開設をしている人だけが利用可能となっています。MT4のアカウントでは、サポート対象外と表示されログインすることができません。ここがとても残念な部分です。ただし、MT5でログインをしてMT4の口座管理をすることはできます。もしアプリでの管理を希望する場合はXMは1人8個まで口座が持てるので、MT5アカウントを作成するとスマホアプリに入れることが可能です。

XMの信頼性と安全性

今年で設立13年目になるXM、新しくできたと思ったら消えていってしまう企業が多い業界の中において、安定した運営及びサービスを継続できている点で信頼性は高いと言えるでしょう。また新規口座開設300万件以上であり、ネット社会の中でも著しく悪い評判で溢れているという実態もありません。

有名スポーツ選手と提携できている事実からしても一定の信頼性と安全性を確保できているという証明になるでしょう。海外FX界隈でよく耳にする「出金拒否」や「不利約定」の話もほとんどありませんしね。

XM スプレッド

XMのスプレッドは格別狭いわけではありませんが、スプレッド特化型の会社(TitanFXやAXIORY)に比べると若干劣ります。ただし海外FX業界の中では、平均より上のスプレッド水準となります。スプレッド特化にフォーカスして選ぶのでなければ、間違いなく全体のバランスは◎です。

取引コスト

新規アカウント登録や口座開設などの手数料は一切発生しません。MT4・MT5も、もちろん手数料無料で利用できます。コストがかかる可能性があるタイミングとして、

  • ポジションを建ててエントリーするタイミング(スプレッド・取引手数料が発生)
  • 日をまたいでポジションをロールオーバーするタイミング(スワップポイントが発生)
  • ポジションを決済するタイミング(スリッページコストの可能性)
  • 入金するタイミング(入金手数料の可能性)
  • 出金するタイミング(出金手数料の可能性)

が挙げられます。ただし、後半の3つは手数料が発生しない可能性もあります。

XM ボーナス

XMのボーナスは、海外FX業界でもトップクラスの豪華さです。まずは口座開設でボーナスを貰うことができます。口座開設でのボーナスからリアルマネートレードが可能なんです。初心者の方やXMお試しにはもってこいですね。常時開催している100%初回入金ボーナスや追加入金ボーナスなど重宝するボーナスが沢山あります。

日本語サポートの有無

XMのホームページやマイページは完全日本語対応になっています。その上、使い勝手もなかなかのもの。取引ツールも日本語になっています。チャット・メール・コールバック全て日本人スタッフが対応してくれるので、日本語サポート体制はかなり優秀です。海外FXにおいてレスポンスの速度は信頼にも繋がりますが、XMのレスポンスは迅速な対応だと言われています。

初回入金額は少額でもOK

XMは初回入金額500円、最低取引枚数10枚からトレードを始めることができるので、海外FXを初めて利用する方や、まずは小ロットで取引をしたいという方には特にオススメです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする