近年、日本では働き方の多様化が進んでいます。

かつて日本の経済発展を支えた「終身雇用制」も、近い将来には跡形もなく崩壊するといわれています

企業に所属するよりも、経験とスキルを活かして独立したりフリーランスを始めたりする人が増えているのもこのよう背景があります。

しかし、フリーランスとして働くためには何から始めたら良いでしょうか?本記事では、フリーランスの始め方から仕事の見つけ方まで徹底的に解説します。

フリーランスの始め方とは?

フリーランスとして働くためには、必要な手続きを済ませましょう。

開業届を提出する

まずは、お近くの税務署で開業届を提出します。開業届を出すタイミングは、事業の開始等の事実がある日から1月以内とされています。

しかし、開業届の申請は必須ではなく、提出し忘れてもペナルティはありません。そのため、後から開業届を出しても問題はありません。

 青色申告承認申請書を提出する

開業届と一緒に提出するのが「青色申告承認申告書」です。開業した年度から青色申告を行いたい場合には、開業の2ヶ月以内に「青色申告承認申告書」を提出する必要があります。

青色申告を行うことには様々なメリットがありますが、最大のメリットは最大65万円の特別控除が受けられることです。青色申告承認申告書を出していないと、白色申告をすることになり、メリットが半減してしまいます。

青色申告は、白色申告に比べて必要な書類の種類や作成の手間が多い分、受けられるメリットが多いので開業している人にはオススメです。

国民年金に切り替える

会社員をやめてフリーランスになった場合は、企業の厚生年金から国民年金に切り替える必要があります。

国民年金への加入は退職後14日以内に手続きが必要で、住んでいる市区町村役場で行うことができます。

手続きの際には、年金手帳と身分証明書、離職・退職証明書、社会保険の資格喪失書など退職日を証明する書類を持参しましょう。どのような書類が必要かわからない場合は、役所に電話で確認しておくと安心です。

国民健康保険に切り替える

会社の健康保険から国民健康保険に切り替える必要もあります。これは、国民年金の切り替えと同時に行うことができます。

国民健康保険に加入するためには、「他の健康保険に加入していないこと」が条件となっています。手続きは各市区町村の担当窓口で行うことが可能です。

ちなみに、要件を満たせば、健康保険任意継続という制度を利用できます。これは、前職の健康保険制度に2年間加入し続けることが出来る仕組みです。

国民健康保険よりも保険料が安くて済む可能性もあるので、会社を辞める前によく調べてみましょう。

スキルなしで手っ取り早くお金を稼ぐには?

フリーランスを始めたばかりの人であれば、最初は安定した収入を得ることが難しいかもしれません。そんな時に試したいのが、オンラインカジノ。オンライン上でスロットやテーブルゲームなどをプレイして、配当金を引き出せます。

オンラインカジノの始め方やカジノサイトの選び方は、知名度のあるオンラインカジノサイトをぜひ参考にしてみてください。

Share

  • Add this entry to Hatena Bookmark

Follow Me