コボット開発における3つの注目すべき傾向

産業用ロボットの分野は急速に変化しています。最新世代のロボットは、これまでになく複雑なタスクを引き受けており、人間と一緒に作業することが増えています。協働ロボット(コボット)の採用率は、前年比で11%を超えており、産業用自動化で最も急速に成長している分野の1つです。これには正当な理由があります。コボットは、生産性の向上から効率の向上まで、産業部門に多くのメリットをもたらします。

ロボットの未来を見据えて、安全で耐久性のある操作を実現するために留意すべき重要なトレンドが3つあります。

1)トルクセンサーの重要性の高まり

コボットコンポーネント、特にロボットアームの設計は、簡単な作業ではありません。独自のカスタマイズされたソリューションから過酷な産業環境まで、ロボットアームは困難なエンジニアリングの課題に対応する必要があります。業界をリードするコボットの要件には、高レベルの機能安全、アーム速度の向上による高い耐荷重能力、およびコンパクトで安全で複雑な機能が可能な軽量設計が含まれます。

さらに、ロボットアームの関節は、極端な軸方向の荷重と力に加えて、温度が不安定になります。ソリューションは、トルクと高い繰り返しにさらされている間、精度と安全性を確保するために耐久性がなければなりません。

トルクセンサーは、設計者がロボットアームジョイントの固有の要件を満たすのに役立ちます。TEコネクティビティトルクセンサーソリューションのマイクロフューズドテクノロジーは、高い耐荷重能力と耐久性を備えています。マイクロフューズドテクノロジーは、ガラスを使用してシリコンをステンレス鋼に接着するため、温度の不安定性に耐える信頼性の高い安定した接着性も実現します。

安定性に加えて、トルクセンサーは二重の冗長性も提供します。2つのデータチャネルは、分離されたチャネルも備えた単一のチップを介して供給されるため、独立したデータ出力の整合性が維持されます。これにより、単一の構造上の異なる場所からの2つの別々の測定が可能になり、精度と安全性が向上します。

コボットが急速に産業空間に氾濫している時代において、トルクセンサーソリューションは安全性と信頼性を確保するために不可欠です。

2)過酷な環境のための構築

産業用ロボットおよびコボットのアプリケーションは、非常に高温または高湿度および湿気のある条件など、過酷な環境で動作することがよくあります。コボットは、工業用洗浄剤として使用される化学物質に直面したり、工場の床で電磁干渉を経験したりする可能性があります。 全体を通して、ロボットとコボットのアプリケーション間のデータ接続ポイントは、これらの困難な条件に耐え、生産を継続するのに十分な耐久性を備えている必要があります。

ヘビーデューティコネクタ(HDC)は、揮発性の状態で強力な接続を提供するように設計されています。HDCは、電力、信号、およびデータ接続に加えて動的インサートを備えた柔軟な設計オプションを保証するのに役立ちます。これらの耐久性のあるコネクタにより、ロボットや製造環境からの大量のデータが、中断することなく最高速度で収集およびルーティングされます。

信頼性の高い接続は、特に人間とロボットが互いに連携する過酷な環境では不可欠です。

3)柔軟性と小型化

堅牢な接続性に加えて、産業分野では柔軟で小型化されたコボットソリューションに対する需要が高まっています。従来のロボット工学設備と比較して比較的手頃な価格のおかげで、コボットは生産の自動化を検討している中小企業に人気を博しています。ただし、これらの中小企業は、コボットを中心に産業プロセス全体を再構築することを望んでいません。したがって、ソリューションは、既存のスペースとプロセスに適合できる必要があります。

柔軟性は、大量生産からカスタマイズへの製造の変化によっても促進されます。ますます、ソリューションは、単純な標準化の範囲外の特定のサイズ要件または生産ニーズを満たすために適応可能である必要があります。

小型化が産業空間全体のメガトレンドになるにつれて、コボットも例外ではありません。 ソリューションは、これまで以上にコンパクトでありながら強力であることが期待されています。コボットの小型化は、巨大な生産施設の外に存在する可能性のある電気機械式ヘルパーにもユニークな機会をもたらします。たとえば、機関や企業は、食器を洗うインテリジェンスを備えた小型化されたコボットの恩恵を受けることができます。

コボットは増加しています。これらのソリューションを採用する際には、信頼性、安全性、柔軟性を確保することが不可欠です。適切な接続ソリューションは、これらの目標を達成するのに役立ちます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする