【LINEスタンプ記3】クリエイターズスタンプ申請から1週間でリジェクト!その理由と改善メモ

2014.11.7 デザイン

ogp

あるきスマホ」という、スマートフォンを半擬人化したようなキャラクターをLINEクリエイターズスタンプにてLINEスタンプとしてリリースすべくチャレンジしております。

10月12日ぐらいに申請→10月30日に「審査中」に。
そしてついに11月7日、実に1週間でリジェクトの通知が届きました。

この審査の早さには驚きました。

だいたい1ヶ月ぐらいかかるというのが通説なのですが、1週間で…

というわけで、なぜリジェクトされたのか、該当箇所と改善案をメモしていきますね!

 

LINEスタンプリジェクトの理由1|LINEが定めるフォーマットに合致しないもの

※背景の透過不備で輪郭に白い縁取りが残っている

白い縁取り…?

.aiデータで確認しても見当たりませんが、これは恐らく、背景透過が必須であることを意味しているのでしょう。

きっと例外もあると思いますが、基本的には背景は透過限定で作りましょう!
LINEのトークルームの背景の設定に怯えてはいけません。

リジェクトの対策として:

背景をなくします。問題ないし、この2つはいわば”捨て駒”なので…

※イラストの内部が透過されている

親切に細かい箇所まで”()”で書いてありました。キャラクターに爪を書いているのですが、その内部が透過されてしまっているとのこと。

イラストは全部塗りつぶさなくてはいけません!ペンタブを使っている方は気をつけてください。

透過漏れのチェックは簡単なHTMLとCSSで出来ます。
スタンプ画像の透過をサクっとチェックしよう-アップデート版- – KURARI Studio

リジェクトの対策として:

ちゃんと真面目にパスの結合をします。

LINEスタンプリジェクトの理由2|権利の所在が明確でないもの(二次創作など)

iPhoneの電卓にそっくり似せて作ったのがダメだったのでしょうか。
スマホをキャラにしたことがアダとなりましたね…

デバイスの機能など部分的な箇所もマネしてはいけません!!

リジェクトの対策として:

結構気に入っているので、ボタンの色を変えるのみで勝負してみようと思います。

LINEスタンプリジェクトの理由3|単純なテキストのみの画像

「突然の死」と掛けました。
この項目は申請した後すぐに気づきましたね。しっかりとガイドラインに書いてあります。

リジェクトの対策として:

キャラクターを添えて再製作します。

LINEスタンプリジェクトの理由4|過度に不快、または粗野なもの

「過度に不快で粗野」。
人のスタンプを好き勝手言いやがって…

まぁきっと中指立ってるしダメかな、と思っていました。予想通りです。

リジェクトの対策として:

ピースサインにしようかと思います。日本国内しかターゲットじゃないし、仮にどこかの国でネガティブな表現と捉えられても、それが冗談として成り立てばOKです!そこで再リジェクトくるかな…


結構リジェクトされてしまいました…
まぁ今日中には再申請できるかと思います。

リジェクトまでの期間の意外な短さには驚きましたが、「リジェクトされる」結果そのものが時間の無駄ですので、際どいラインは狙わず、安全圏で戦うことをおすすめします。

 

でわ!

「あるきスマホ」LINEスタンプについて。

特設ページTwitter

Stampers特設ページ(「”LOVE”ボタン」で応援お願いいたします!)

これまでのLINEスタンプ関連の記事

プロフィール

東京でWebデザイナー・コーダーとして、フロントエンド的なことからグラフィックデザイン的なことをして、ごにょごにょと小さく活動中。Webクリエイターでは珍しい(?) HIPHOP, R&B好き。休日はよくカフェや漫画喫茶に出向いたりパン屋に行ったり、主に散歩しています。だいたいラーメンを食べて帰ってくる、そんな過ごし方です(都内のオススメ散歩コース募集中!)。デザインのトレンドやデザイン思考、HTML、CSSからSASS、Javascript、Wordpress構築などコーディングのTIPSなどをブログにアップしていきます。その他のことはtwitter( @satohmsys )まで。